2010年8月6日 日刊工業新聞 アンドロイド |碌々産業株式会社|高精度高速小径微細加工機、特殊加工機、プリント基板加工機の製造・開発

 

会社情報

碌々産業株式会社

<本社>
〒108-0074
東京都港区高輪4-23-5
碌々ビル
TEL 03-3447-3421(代)

<静岡工場>
〒421-0216
静岡県焼津市
相川2575
TEL 054-622-1151(代)


サポートお問い合わせ

2010年8月6日 アンドロイド 日刊工業新聞 1面掲載

機械の”クセ”の見える化、微細加工安定、精度±1マイクロメートル
碌々産業(東京都港区、野田謙一社長、03-3447-3421)は、これまで難しかった機械の”クセ”を見える化する新技術を開発した。 加工機の微小な変位(挙動)を常時把握できる操作環境(オペレーターインターフェース)で、作業者が即座に補正をかけられる。微細・超精密加工では安定して精度を保つのが難しかったが、常時補正によって実加工精度プラスマイナス1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の安定加工を追及できる。

新開発の操作環境は「アドバンスト・オペレーター・インターフェース(AOI)」と呼ぶ。 加工室内や機体鋳物内部、切削液、モーターなど各部の温度表示やエアー消費量、消費電力といった微小な変位の要因となる十数項目のデータを一覧表示した。 精度に影響を与える変位を作業者が即座に把握、補正して高精度で安定した加工ができる。

同機能を採用するとともに、加工機本体の振動抑制や熱変位対策などハード面の機能も向上した微細加工向け小型立型マシニングセンター(MC)の次世代機「アンドロイド」を投入。 全軸リニアモーター駆動、微小なうねりを抑制する特殊転がり案内を搭載し、各軸熱変位対策も講じた。 主軸回転数は毎分5万回転(オプションで同6万回転)。 ストロークは横450ミリX縦350ミリX高さ200ミリメートル。価格は2835万円からで、初年度100台の受注を見込む。

同社は1996年に業界に先駆けて微細加工機の小型立型MC「MEGA(メガ)」を開発。 これまでに振動抑制や熱変位対策などハード面の機能を追及してきたが、クセを把握できる操作環境を付加することにより、「微細加工機の新基準として提案したい」(野田社長)としている。