碌々産業 次世代微細加工機「アンドロイド」 機械新聞 2010年8月26日掲載|碌々産業株式会社|高精度高速小径微細加工機、特殊加工機、プリント基板加工機の製造・開発

 

会社情報

碌々産業株式会社

<本社>
〒108-0074
東京都港区高輪4-23-5
碌々ビル
TEL 03-3447-3421(代)

<静岡工場>
〒421-0216
静岡県焼津市
相川2575
TEL 054-622-1151(代)


サポートお問い合わせ

碌々産業 次世代微細加工機「アンドロイド」 機械新聞 2010年8月26日掲載

碌々産業 次世代微細加工機「アンドロイド」

碌々産業(東京都港区高輪4の23の5、社長野田謙一氏、℡03-3447-3421)は、 微細加工機の新基準としてオペレータのスキルを加工に反映できる「アンドロイド」を開発、受注を開始した。
同機は工作機械の三大要素である振動、熱変位、主軸の振れを開示することにより、 オペレータが加工機の微小挙動を掴んで自由自在に補正することで実加工精度±1ミクロン以下の 高精度な安定微細加工を実現できる。しかも、オペレータが操る喜びとスキルアップを同時に体感 することで、国内加工企業の得意とする”匠の技能”が構築できる。


新製品は

全軸に水平対向仕様のリニアモータ駆動を装備したほか、ウェービングを極限まで 抑制した特殊転がり案内を採用。さらに熱対策と振れを極限まで抑制した毎分5万回転主軸を標準装備し、 オプションで毎分6万回転主軸も搭載可能。 このほかA-HIS制御(熱分離システム)による究極のX、Y軸熱変位対策に加え、従来機「MEGA」 の約90項目に及ぶ改善点を同機で実施、高精度微細加工機が完成した。 同社は、室温・機体鋳物内部温度、切削剤温度、モータ温度、サーボ波形、ロード値表示、エアー消費量表示、 消費電力表示など各部の挙動を見える化した「M-KIT」(オプション)を新たなアドバンストオペレータインターフェース (AOI)として開発した。 年間100台の販売を見込んでいる。