Androidでサブミクロンの安定加工実証(碌々産業) 機械新聞 2013年8月22日掲載|碌々産業株式会社|高精度高速小径微細加工機、特殊加工機、プリント基板加工機の製造・開発

 

会社情報

碌々産業株式会社

<本社>
〒108-0074
東京都港区高輪4-23-5
碌々ビル
TEL 03-3447-3421(代)

<静岡工場>
〒421-0216
静岡県焼津市
相川2575
TEL 054-622-1151(代)


サポートお問い合わせ

Androidでサブミクロンの安定加工実証(碌々産業) 機械新聞 2013年8月22日掲載


   「スマートフォンや工学モジュール機構部品など、Androidで超精密微細加工を行っているお客様は忙しい」

碌々産業社製android
超高精度高速微細加工機android

   今年6月に創立110周年を迎えた碌々産業は、MEGACEGAZEUSAndroidなど超精密微細加工に特化した独自の加工機を供給して着実に納入実績を増やしている。

   「アンドロイドのような超精密微細加工機は、弊社のエリア23(23℃±0.5℃の恒温工場)でなければ造れない」

   Androidは恒温工場で造り込みを行うため納期は4・5ヶ月。現在コンスタントに月産2台だが、本年後半から3~4台に引き上げる計画。
   スマートフォンやタブレット端末など、時代をリードする先端ヒット商品には高機能な超精密微細加工部品が多用されるため、日本の加工技術が不可欠で、Androidもそうした加工市場に大きく貢献している。
   同社はそうした市場の追い風に、本年後半から新たな取り組みを開始する。その一つ目がAndroidオーナーズ倶楽部の発足だ。既に4社の申し込みがある。

   「超精密微細加工は金型、部品、半導体など裾野は幅広い。お客様はそれぞれの分野で最先端加工を確立しているが、異なる業種については接点がない」

   そうした状況を打破するため、同倶楽部では先端加工を行う企業同士が集まり情報交換を行うのがねらい。

   「Androidを1台導入しているお客様に大量の受注が入った時でも、仲間がいればさらに多くの受注を得ることができる。弊社のMEGAを導入している”碌々産業友の会”のお客様の間でもお互いに協力して受注を得ている」

   各ユーザーが独自に築いた加工技術を互いにブレイクスルーすることで、新たな加工技術も構築可能となる。初会合は今月末か9月中にも開かれる予定で、会員にはAndroidで加工したロゴをあしらった徽章を配布する計画だ。
   2つ目は、さらに高精度微細加工技術の追求で、これを実際に具現化してパッケージで提供する。
   Androidは”四身一体+1”=機械+工具+パス+環境、加えてオペレータの思想を反映し、±1ミクロンの安定加工を精密微細加工の新基準として標榜している。その新基準をさらに凌駕した高精度±0.5ミクロンの安定加工を具現化する独自の加工技術を、今秋中にもユーザーに披露する。具体的にはエリア23の中に、さらに23±0.1℃の恒温加工室を設置。段取り以外は遠隔操作でサブミクロンの加工を行うという独自の高精度加工技術を提案する。
   エリア23で実証するサブミクロンの高精度加工技術は、要望があればそのままパッケージ販売する計画だ。

   「光学モジュール構成部品などでもサブミクロン精度を要求する傾向が高まっている。高精度な測定装置の出現により、加工精度もより繊細な測定が可能になった」

   形状や面、エッジ、コーナーRなどワークや材質によっても加工方法は千差万別。Androidは、面品位についても高品位な磨きレス加工が可能で、樹脂成形品のデザイン性向上にも大きく貢献している。
   既存のナノマシンが特定の加工だけに特化しているのに対し、Androidはオールラウンドでシングルナノが追求可能な加工機へ進化し続けている。

   「弊社が追い求めているのはオペレータの巧みの技をデータ化して加工機に置き換えること。そして常に超高精密微細加工のリーディングカンパニーでありたい」