【JIMTOF2014 トップインタビュー】 碌々産業社長 海藤満 氏|碌々産業株式会社|高精度高速小径微細加工機、特殊加工機、プリント基板加工機の製造・開発

 

会社情報

碌々産業株式会社

<本社>
〒108-0074
東京都港区高輪4-23-5
碌々ビル
TEL 03-3447-3421(代)

<静岡工場>
〒421-0216
静岡県焼津市
相川2575
TEL 054-622-1151(代)


サポートお問い合わせ

【JIMTOF2014 トップインタビュー】 碌々産業社長 海藤満 氏 日刊工業新聞 2014年10月28日掲載

スマホ用微細加工機盛況

 ―今年はスマートフォン(スマホ)向け微細加工機やプリント基盤の穴開け機が盛況です。
 「受注台数が多いと納期に影響してしまう。約10%の増産体制を整え、来年1月にスタートする。日本製の電子部品が使われている中国スマホにも力を入れる。電子機器分野はスマホ関連しか目立つ動きがない」

 ―新機種の開発状況は。
 「微細加工機『アンドロイド』に究極の熱変位対策とユーザー要望を採用したコンセプト機を開発し、JIMTOFで披露する。1マイクロメートル(マイクロは1000分の1)の加工精度を繰り返せる。熱変位対策は現行機より2カ所多い15カ所に温度計を取り付け、温度を表示・記録。メンテナンス性や操作性の向上、切削油と切り粉を回収しやすくするなど80項目にも及ぶ顧客要望を入れた。来夏の投入予定だ」

 ―温度変化を抑制し、機械の性能を引き出す恒温室も開発しました。
 「『Jボックス』と名付けた箱型のユニットに当社の微細加工機を入れ、加工機を遠隔操作する。これで常時±0.1℃に保ち、同0.5マイクロメートルの加工精度を何回も繰り返せることを証明した。工場全体の温度を管理するより容易だ」

     

記者の目

厳しい分野も遊び心の感覚


 機械のそばに立った人間の体温で精度が変わるという超微細分野。加工機と温度管理の箱型ユニットのほか、磨き工程を省ける工具開発などにも力が入る。スマホのEMS(電子機器の製造受託サービス)という厳しい分野での仕事が多い。それでも機械に人間の目と化粧のアイラインを参考にした意匠を施すといった、遊び心とも言える感覚を持ち合わせている。
(六笠友和)