さらにレベルアップ 誰にもできない技術を 生産財マーケティング 2015年1月号掲載|碌々産業株式会社|高精度高速小径微細加工機、特殊加工機、プリント基板加工機の製造・開発

 

会社情報

碌々産業株式会社

<本社>
〒108-0074
東京都港区高輪4-23-5
碌々ビル
TEL 03-3447-3421(代)

<静岡工場>
〒421-0216
静岡県焼津市
相川2575
TEL 054-622-1151(代)


サポートお問い合わせ

さらにレベルアップ 誰にもできない技術を 生産財マーケティング 2015年1月号掲載


製造拠点の海外進出が止まらない中で、超精密と高精度の加工分野は日本に残る最後の技術と言える。日本の工作機械メーカー各社も、この分野では気が抜けない。昨年秋に開催されたJIMTOF2014でも、各社が自信作を披露した。その一部を注目新技術として取り上げたい


猶予もらいさらに深める

 超精密加工と言えば、3年前のJIMTOF2012で来場者を驚かせた碌々産業の超高精度高速微細加工機「Android」だ±1μm以下の加工精度を達成して来場者の目を引き付けた。

  高い剛性を持ち高精度を維持する熱対称フレーム構造で、室温追従型機体温調システム「A・H・I・S(Advanced Heat Isolation System)」を搭載。全軸リニアモーター駆動の採用と、モーターを全軸対向に配置して吸引力を相殺し、移動物やガイドにかかる偏荷重を抑制。さらに特殊精密転がり案内の採用やスプリングレス新型クランプ機構を採用し、主軸の揺れを抑制するなど、これまでにない微細加工を達成するために、機構の細部にまで手をかけた。

android2
碌々産業が参考出展した「アンドロイドⅡ・コンセプト」。
人だかりの多さに来場者の期待がうかがえる。

   昨年秋のJIMTOF2014では、アンドロイドをさらに発展させた「アンドロイドⅡ・コンセプト」を参考出展した。±1μm以下の加工精度をさらに高めた。「アンドロイド本体はもちろん、アンドロイドのユーザーが加工するワークと加工ノウハウを分析し、A・H・I・Sをさらに進化させてレベルアップした」と、同社技術本部長の河村長治常務は自信を見せる。

   12年に初披露したアンドロイドの国内外の販売比率は、6対4で海外向けが多い。現在、納期まで8カ月から10カ月の受注残を抱えるほどの人気ぶりだ。河村常務は「8カ月の猶予をもらっていると考えている。今後コンセプト機の進化を深め、より完成度を高めて今年夏ごろの販売を目指したい」と話す。

   碌々産業は超高精度高速微細加工機「CEGA(セガ)」シリーズの新作「CEGA-SS」も参考出展した。