時計や医療機器 開拓 工作機械製造の碌々産業 日経産業新聞 2015年11月11日掲載|碌々産業株式会社|高精度高速小径微細加工機、特殊加工機、プリント基板加工機の製造・開発

 

会社情報

碌々産業株式会社

<本社>
〒108-0074
東京都港区高輪4-23-5
碌々ビル
TEL 03-3447-3421(代)

<静岡工場>
〒421-0216
静岡県焼津市
相川2575
TEL 054-622-1151(代)


サポートお問い合わせ

時計や医療機器 開拓 工作機械製造の碌々産業   日経産業新聞 2015年11月11日掲載


精度1μmの加工機投入

  精密加工用の工作機械を得意とする碌々産業(東京・港)は時計や医療機器などの部品メーカーを新規開拓する。これまで電子部品や通信機器の金型用が主体だった。1μmの精度で金属に溝や穴を加工できる新型加工機も投入し、2018年3月期に売上高を現在に比べて25%増の50億円に増やす。

アンドロイドⅡ、微細加工部品
碌々産業は常時1μmの精度で加工できる「AndroidⅡconcept」を開発した(図1)
高精度加工で生産した金型部品(図2)

   新規顧客を開拓するため、社員8人で組織するプロジェクトチームを立ち上げた。時計や医療機器、半導体検査機器などに使う超小型部品を加工するメーカーからの受注を増やす。
   プロジェクトチームは自社の精密化後期を使った加工方法を考案したり、サンプル品を製造したりする。既に国内時計メーカーに提案を始めた。
   また常時1μmの精度で加工できる上位機種「AndroidⅡconcept」も開発した。2016年春にAndroidⅡとして発売を予定しており、新規や既存の顧客向けに販売する。従来機も1μmの精度で加工することはできたが、加工から生じる熱や周囲の環境による温度変化の影響を受けてしまい、加工精度を安定させることが難しかった。
  AndroidⅡconceptはモーターから出る熱を遮断する部品を取り付けるなどして加工領域に伝わる熱を最小限に抑えた。工場内で温度を一定にする恒温室で利用すれば0.5μmの高精度で加工することもできる。
  AndroidⅡconceptの稼働状況を可視化するため、モーターやベアリングなど15ヵ所に温度センサーを取り付けた。AndroidⅡは年60台の受注を目指す。碌々産業の15年3月期の売上高は約40億円だった。