碌々産業、面粗度3ナノメートル 日刊工業新聞 2016年1月21日掲載|碌々産業株式会社|高精度高速小径微細加工機、特殊加工機、プリント基板加工機の製造・開発

 

会社情報

碌々産業株式会社

<本社>
〒108-0074
東京都港区高輪4-23-5
碌々ビル
TEL 03-3447-3421(代)

<静岡工場>
〒421-0216
静岡県焼津市
相川2575
TEL 054-622-1151(代)


サポートお問い合わせ

碌々産業、面粗度3ナノメートル   日刊工業新聞 2016年1月21日掲載


微細加工機 AndroidⅡ

  碌々産業(東京都港区、海藤満社長、03・3447・3421)は、Ra(平均粗さ)3.0ナノメートルの面粗度を実現する工作機械を開発した。同社によると切削加工でRa3.0ナノメートルは世界主位級。従来機はRa18ナノメートルで、熟練者の手磨きでもRa6.0ナノメートル程度という。

アンドロイドⅡ、ワークサンプル
「AndroidⅡ」(左:図1)
高精度加工で生産したワークサンプル(右:図2)

   開発した微細加工機「AndroidⅡ」は、粗加工から精密な鏡面仕上げまでを1台で完了できる。高精度の金型や精密機械部品の加工に向く
   加工精度に影響する熱対策として、主軸頭の熱を強制排気するなどの構造を採用した。主軸の発熱に夜XY軸の熱変位量を従来機比20%提言する。
   機械周辺や内部の温度を的確に把握するため、温度センサーによる測定を従来の13ヶ所から16ヶ所に増やした。
   また主軸の伸びが安定状態にあることを自動検地する機能を搭載。主軸が安定した際、即座に加工を始められる。従来は人の経験値に頼っており、暖気運転が長くなることがあった。
  2月から年間100台の生産を見込む。価格は3000万円(消費税抜き)から。