碌々語碌 ま行 |碌々産業株式会社|無酸素銅、無電解ニッケル、モーダル解析

 

会社情報

碌々産業株式会社

<本社>
〒108-0074
東京都港区高輪4-23-5
碌々ビル
TEL 03-3447-3421(代)

<静岡工場>
〒421-0216
静岡県焼津市
相川2575
TEL 054-622-1151(代)


サポートお問い合わせ

碌々語碌 ま行

無電解ニッケル

無電解ニッケルめっきは、次亜リン酸塩を還元剤とする化学メッキである。析出皮膜は緻密な非結晶であるが、熱処理することで硬質クロム以上の硬度をもつが、結晶皮膜となる。析出皮膜(非結晶)はP(リン)の含有率が少ないと硬くなる。一般的に7~10wt%、硬度500±50Hv (析出時)、950±50Hv (熱処理)。複雑な形状にも均一に析出し、めっき厚のばらつきが少ないため高い防錆力を発揮する。焼入れしたSTAVAXの表面の無電解ニッケルめっき面は、ダイヤモンドバイトによる加工で鏡面加工が得られるが、P(リン)の含有率により加工面表面状態(びびり等)が違うので注意を要す。

メガ

100万倍のこと。100万枚売れるとミリオンセラーと言う。弊社にはこのメガを機械名称にしたMEGAシリーズがある。

モーダル解析

構造物の動特性(伝達関数、固有振動数、減衰比、固有振動モード)を加振試験とデジタル信号処理を利用して行うモーダルパラメータの解析

無酸素銅

無酸素銅(むさんそどう、OFC:Oxygen-Free Copper)とは、一般的に酸化物を含まない99.995%の高純度銅のことを指す。広くケーブルの導体として使われている純度99.5%程度のタフピッチ銅(TPC:Tough-Pitch Copper)と比較すると、より抵抗や歪みが少なく工業的に優れている。 また、ガス放出が少ないために真空機器(ガスケット等)に広く使われている。